NEWキャスト番組感想イベント考察

考察・ブログ

ラブパトリーナ監督・脚本・制作スタッフ公表「過去シリーズとの違いは?」

更新日:

一部公開されたラブパトリーナの制作スタッフ。作品に影響の大きそうな、監督・脚本を中心に、過去シリーズとの違いを見ていきます。

ラブパトの制作スタッフから、作風がどうなるのかも簡単に考えてみます。

※当ページは、ラブパトリーナ開始前の2020年6月9日に書いた内容です

ポイント

  • 多くのスタッフは継続
  • ラブパトはファントミに近い作風?

参考:タカラトミーニュースリリース

ラブパト「主要スタッフ・制作体制は継続」

ラブパトリーナ「三池崇史」監督

ラブパトリーナ制作スタッフ

総監督・監督:三池監督
制作プロダクション:OLM
オープニング・エンディング演出:田所 貴司
音楽:遠藤 浩二
キャラクタースーパーバイザー:前田 勇弥

ラブパトリーナ製作委員会
タカラトミー、電通、OLM、テレビ東京、小学館、小学館集英社プロダクション、SL Square LLP(LDH JAPAN/ソニー・ミュージック)、ソニー・ミュージックエンタテインメント

ラブパトリーナの主要スタッフは、初代からまったく変わってませんでした。製作委員会の細かい表記はともかく、制作体制に大きな変化はないようです。

現時点では、企画やプロデューサーは発表されてません(番組のオープニングクレジットで確認されるはずです)

 

ラブパト「監督7名」数名の入れ替わり

歴代シリーズの総監督を務める三池崇史監督が、ラブパトリーナでも続投。

その他の監督も、多くが前作ファントミ同様の顔ぶれとなっています。

※ガールズ戦士シリーズは、エピソードごとに監督が変わる方式

ラブパトリーナ「監督」

  • 三池崇史 / 兼総監督(4)
  • 横井健司(4)
  • 西海謙一郎(4)
  • 倉橋龍介(4)
  • 平野勝利(3)
  • 原島孝暢(2)
  • 山本英之(2)

※数字は歴代シリーズを担当した回数

多少の変更はありますが、全員過去シリーズを担当された監督で、新しい名前はありません。

過去に助監督で参加してる監督もいるため、ほぼシリーズ初期からのスタッフです。

前作ファントミとの違いは、

OUT:山口義高、松本弘

IN :山本英之

毎回数名の変更はあるので、特別何かを意図した変更(作風変更など)ではないと思います。

 

ラブパト「脚本4名」 → ファントミと全く同じ

ラブパトリーナの脚本を担当するのは、以下4名。

ラブパトリーナ「脚本」

  • 加藤陽一(2)
  • 青木万央(4)
  • 松井香奈(4)
  • 中園勇也(3)

※数字は歴代シリーズを担当した回数

前作ファントミラージュの脚本を担当した4人が、ラブパトリーナの脚本を引き続き担当することになります。

 

ラブパト「シリーズ構成:加藤陽一」→前作ファントミと同じ

脚本の中で最も重要なポジションになるのが、シリーズ構成。こちらもファントミ同様に加藤陽一さんが担当(ファントミ劇場版も脚本担当)

シリーズ構成の役割は、作品によって大きく異なるようですが、脚本の取りまとめや、作品全体の流れを決めることが多いようです。

シリーズ構成 → 大まかな流れ

脚本 → キャラのセリフ・行動

加藤陽一さんは、ファントミでは決めゼリフの産みの親でもあります。作品の雰囲気・方向性に大きな影響を与えてる人物と言えるでしょう。

 

ナレーターはファントミ同様「豊永 利行」

ナレーターは、ファントミラージュと同様に「豊永 利行さん」が担当

豊永 利行さんは、ワルピョコ団、ワルピョコの声も担当されます。

 

ラブパト制作スタッフ「総合的な感想」

制作スタッフで、1番ラブパトの作風を左右しそうなのが、シリーズ構成・脚本を務める加藤陽一さんの続投だと思います。

過去のシリーズ構成は、

  • ミラちゅー、マジマジョ:藤平久子
  • ファントミ、ラブパト:加藤陽一

藤平久子さんがドラマ

加藤陽一さんがアニメ

を中心に手掛けてきた脚本家で、作風にも大きな影響が出てたと感じています。好みはあるでしょうが、2人とも素晴らしい脚本家(藤平さんがリアルな学校生活の描写や恋愛要素、加藤さんは非日常的な予想を裏切る驚きの展開など)

※脚本以外にも、コンセプトストーリー、監督などの意向もあるはずです

 

加藤陽一さんの続投で、ラブパトはファントミに近い作風(初期作より)になるのでは?と考えています。

 

ファントミでコミカルなナレーションを披露した豊永 利行も続投。

彼のナレーションぶりで作風も明らかになりそうです。

 

ただ、加藤陽一さんの代表作品は、アニメだけでも50作以上の脚本(約半分がシリーズ構成)を手掛けています。

【代表作】「宇宙兄弟」「アイカツ!」「妖怪ウォッチ」「タイムボカン24」

※ファントミ、ラブパトで、女ボス、男部下2人の構成は、タイムボカンシリーズを連想します。

引き出しはいくらでもありそうな方なので、ある意味ラブパトがどんな作品になるのかは分かりません。

 

三池監督のインタビューを見ると、ラブパトにも笑いが盛り込まれるのは間違いないです。個人的には、どれくらいコメディーに寄せてくるのか?に注目してます。

ラブパトリーナのコンセプト「可愛い」が、どう影響してくるのかも分からないので、期待しています!

>>「ラブパト最新グッズ」まとめ



ラブパトリーナで好きなキャラは?(2人まで)

2020/11/01投票開始





「ラブパト最新日程」



日程をもっと見る

-考察・ブログ

Copyright© ポリス×戦士「ラブパトリーナ」大百科(ラブパトファンサイト) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.