【考察】Girls²新メンバー加入パターン「9人活動の可能性を考えてみた」

更新日:

Girls²の今後のメンバー推移

2020年5月28日、当サイトによる「想像3パターン」

Girls²ファンにとって気になるのが、

「ラブパトの新メンバーは、Girls²に加入するの?」

という疑問です。

「Girls²は9人のままがいい」

「新メンバー入ると、人数増えすぎない?」

「新メンバーも見てみたい」

などの意見もふまえて、今後のGirls²のメンバー推移について考えてみました。

注意ポイント

2020/7/19追記:当ページは2020年5月に作成した考察記事です。事実と異なる内容を含みますが、当時の考察として、あえて間違いのまま残しておきます。

↓新メンバー加入の最新情報はコチラ↓

Girls²12人新体制プロフィール
Girls²新メンバー「lovely²加入で12人?9人のまま?」10/1追記

続きを見る

ポイント

  • Girls²メンバー9人維持の可能性→山口莉愛のラブパト入りで上昇?
  • メンバー加入時期、答えは秋頃に分かる?

※当ページはラブパトリーナ発表の前日5/27に初回作成(山口莉愛の選出を受けて、一部内容を加筆)

ラブパトリーナ主演メンバー「3人の名前・年齢プロフィール紹介」

Girls²のメンバーはどうなる?主な3つのパターン

Girls²メンバーの今後を、主に3つのパターンに分けて考えてみました。

  1. Girls² 9人を維持→後に2チーム化
  2. Girls²に新メンバー加入(9人→12人→13人...)
  3. Girls²、新メンバー加入+ユニット化
  • Girls²メンバー推移予想1
  • Girls²メンバー推移予想「ユニット化」

当初、事務所視点に立つと、新メンバー加入は欠かせないと考えてました。ですが、別の視点で考えると9人維持の可能性もみえてきます。

それぞれのパターンについて、説明していきます。(残念ながら、確信には至ってません)

注意

当ページの内容は、筆者による当サイトの見解です。図などを用いていますが、Girls²や事務所の公式見解とは一切関係ありません。予想的中やネタバレが目的でなく、読者の方がそれぞれ想像して、楽しんでもらうことを目的に記事を書いてます。

「Girls² 9人を維持、のちに2チームに分ける」パターン1

Girls²メンバー推移予想1

「Girls²は9人のままが良い」を実現した場合、このようなパターンが考えられました。

Girls²の9人は固定して、ラブパト後に新チームを作るパターンです。

2020年:Girls² (9人)+第4弾グループ(4・5人)

2021年以降:Girls² (9人) + 新チーム(10人前後)

当面は、昨年のGirls²、mirage²のように並行して、

ラブパトの次、第5弾の音楽グループ結成のタイミングで新グループを結成するイメージです。

Girls²ファミリーは、全メンバーがそろうお祭り的なライブでの集結を想定(E.G.familyから発想)

メリット・デメリット

◯ 1グループの人数が多くなりすぎない

◯ Girls²の9人体制を維持できる

◯ ファミリー集合時のレア感

△ ガル戦→Girls²の新規ファンが増えにくい(長期視点ではプラスな可能性も)

△集客・購買力が分散される

△ 宣伝コストも倍増する

ファン側のメリットは大きいですが、事務所視点のデメリットが目立つ気はします。

特に、新ガールズ戦士の人気をGirls²に取り込めないのが、最大の問題点でしょう。

集客・購買力は、うまくいけば単純計算で2倍ですが、実際にはすべてのファンが2チームを応援するわけではありません。

若い世代・中高生ファンにはプラス?

5/30追記:集客面でマイナスと書きましたが「中高生のファンは増えやすくなるのでは?」という意見をSNSでもらいました。

短期的には、新規ガールズ戦士ファンが入らないと、ファミリー層が減る(子供は飽きるのも早い)かもしれません。確かに、長期的には上の世代を獲得できれば、プラスに転じるかもしれません。

つまり世代交代を図るのか?ですね(この件は、別途記事にしたいと考えてます)

5/30追記:事務所的には長期間、中高生世代のグループを維持できるメリットもできました。山口莉愛が高2になるまで5年。

 

Girls²が9人維持を予見させる点も挙げてみます。

  • 9人のキセキ」で9人の友情・キズナを強調
  • ガールズ戦士はファントミで一区切りと三池監督が明言
  • サントラも3作で区切り
  • ラブパト音楽グループがMでなさそう
  • ガル学は9人のストーリーぽい

5/29追記:ラブパトメンバーに山口莉愛が選ばれました。過去にない2作連続のメインキャストで、スタッフから彼女へは異例な期待を感じます。ですが、年齢を考えると、彼女がGirls²入りしても活躍の機会は限定されそうです。つまり、山口莉愛が最大に活躍できる、新グループ誕生の可能性が上がったと言えるかもしれません。

参考ラブパトメンバー紹介 | ラブパト大百科

Girls² 9人継続の可能性を「ガル学」から考えてみる

ガル学

2020年4月から開始したアニメ「ガル学。」を見ると、Girls²はやっぱり9人体制なのでは?とも思えてきます。

ガル学は、アリーナのステージを目指す現実のGirls²とも連動した作品

つまり、アニメ終盤で、現実でもアリーナツアー発表を行う可能性が高そうなのです。そんな大事な作品に新メンバーが登場しないのは違和感があります。

そして、アニメには9人がステージに立つシーンも登場済みで、新メンバーが出演する気配がありません

サプライズで途中で加入する可能性がないとは言えませんが、おはガール9人の作品と考えても、Girls²9人維持説が有力な気もしてしまうのです。

Girls²ファンが「ガル学」を楽しむための6つの謎をチェック!

続きを見る

5/29追記:ラブパトメンバーにEXPG福岡の山下結衣が選ばれました。

出身校で考えれば、彼女はsouth²(サウス・サウス)のメンバー…。

ですが、south²(サウス・サウス)経験豊富な格上グループで、原田トアがあこがれてる設定です。

つまり、山下結衣がsouth²(サウス・サウス)入りするとは思えません。

やはり、ラブパトメンバーは、ガル学ユニットにはノータッチとなりそうです。

姉妹サイト
ラブパトリーナ青瀬コハナ(山下結衣)プロフィール
ラブパト・コハナ役 山下 結衣「プロフィール」元EXPG Lab選抜メンバー

続きを見る

 

「Girls²に新メンバー加入する」パターン2

Girls²にメンバーが加入していくパターン。昨年の流れから素直に考えると、この形が思いつきます。

新グループを昨年のmirage²に見立てたイメージ。特撮ドラマの終わりにあわせて、Girls²一本に集約される想定です。

◯:Girls²に新グループ(現役戦士)の人気が期待できる

△:人数が増えて、1人1人の見せ場は減る

△:年々メンバーが増え続けてしまう

熱心なGirls²ファンからは想像しにくいですが、意外とガールズ戦士の新規参入者はいます。

昨年のmirage²とおはガールのCD売上差が、1.5倍〜5倍近くあったことからも、現役戦士の強さを感じました。

Girls²がアリーナツアーなど、拡大路線を目標にしてる以上、現役戦士の力が必要になるのでは?とも考えてしまいます。

E-girlsの事例から20人あたりが上限?

事務所の先輩E-girlsは、最終メンバーが12人。

一時期、26→20人に減員した際には、

各メンバーの個性をより光らせ、1人ひとりがさらに力をつけ成長するため

2015年当時

とあるので、20人あたりが現実的な許容人数でしょうか?

ただし、E-girlsも初期から、3つのグループも並行で活動していました。

E-girlsの例は、時代もコンセプトもまるで違うので、あくまで参考です。

Girls²はエースを置かず、1人1人の見せ場を重視しています。10人以上となると、個性を発揮する機会は減ってしまいます。

よって、このパターンは1番可能性が低いとは考えてます。

 

「Girls²、新メンバー加入+ユニット化」パターン3

Girls²メンバー推移予想「ユニット化」

今まで紹介した2つのパターンのデメリット。

  • 人数が増えると、1人1人の見せ場が減ってしまう
  • 現役戦士の人気を取り込めない

これを解消できそうなのが、ユニット化だと思ってます。

Girls² フルメンバー(10人以上)+ユニット活動を行うパターンです。

※パターン3としてますが、ユニット自体は他のパターンでも取り入れることはあり得ます。

 

現Girls²メンバーと新メンバーを混ぜることで、両方のファンに興味を持ってもらう作戦です。

当サイトで行った投票でも、決して好評ではないのでデメリットも多いとは思います。

ただ、LDHの事務所としての実績や、おはガールやmirage²をある意味Girls²のユニットと捉えてしまうと、すでに経験済みともいえます。少なくとも、12人以上の1グループだけで活動するよりは、可能性は高いでしょう。

ユニットといっても、おはガールのような期間限定でCDやイベントを行ったり、ミサキ・クレアのようなパターンまで様々です。ガル学ユニットを踏襲するのかも分かりません。長くなるので、ここでは詳細にふれるのは控えます。

 

私は他でもユニット化の記事を書いてますが、私の希望という意味でなく、事務所とファンの中間点の解決策に思えるのです。また、期間限定ユニットであれば、結成後に修正も可能です。

2020/5/29追記:山口莉愛のラブパト入りで結論が揺らいでます。

Girls²新ユニット結成の可能性
Girls²新ユニット結成でチームに分かれるかも!?発表はいつ!?

続きを見る

 

Girls²新メンバー加入の発表は2020年秋以降か?

〜以下、Girls²に新メンバー加入することを想定した場合の内容です〜

ガールズ戦士シリーズ4弾の情報解禁と噂される、5/28の重大発表

正しければ、ガールズ戦士の主演メンバー(おそらく3人)と、音楽グループ結成が発表されるでしょう。

5/30追記:音楽グループの発表はまだでした

ただ、このタイミングでGirls²へ加入の発表はないと思います

重大発表は、ファントミのTwitterアカウントからであって、「Girls²の重大発表」とは言ってないからです。

ガールズ×戦士シリーズ第4弾!5月28日に一斉情報解禁か!?

続きを見る

 

以下のスケジュールを参考に、加入時期を考えてみます。(加入しない可能性もありますが)

まず、チュワパネLIVEは9人が出演。ライブ前に新メンバー加入発表は、通常なら避けるはずです。

那須ハイの初日7/18は、ガールズ戦士第4弾が仮に始まっていても1ヶ月未満の時期。早すぎる気もします。

そして、9人体制の曲(センチメートルサクラ道)のCDが未発表。よって、新メンバー加入は那須ハイ後の秋あたりとも考えられます。

2020年の10月頃までに新メンバーの加入発表がなければ、Girls²は9人体制となりそうです(現役戦士の旬を逃すのはデメリットが大きいため)

※コロナによって当初の計画よりは、全体的に後ろにズレていくことはありそうです。

 

まとめ

2019年の結成あたりから気になっていたGirls²の人数推移の問題。

当時はなんとなく増えていくんだろうな〜程度にぼんやり考えていました。いざ、その時期が近づくと、9人に対する思い入れも強くなって、色々考えてみました。

私たちは、現在の人気なり状況で、考えることが出来ますが、運営元はデビュー前から構想を練ってたはず。コロナだったり、人気ぶりだったり、当初の想定とズレも生じてるところも気になります。

 

後にみると、見当違いな予想も多々あるでしょうが、2020年5月時点の見解として残しておこうと思います。

5/27現在、第4弾の情報解禁直前。5/28の発表後に記事内容を追加するかもしれません。

↓新シリーズが気になる方↓

ラブパトリーナ大百科(姉妹サイト)




Girls²/ラブパト「最新日程(7日前〜最大6件表示)」

>>Girls²「日程」をもっと見る



人気投票(投票→結果表示)

メンバーGirls²曲おはガール曲
【投票→結果】あなたのGirls²推しメンバーは?【2人まで】

・2019/9/6開始しました
・2020年8、9月頃、新メンバーを追加→新規投票を開始予定
・結果は上位6人まで表示しています

【投票→結果】Girls²の好きな曲は?(最大5曲まで)【2020年版】

Girls2全楽曲紹介
・2020/01/14:投票開始
・2020/03/06:「私がモテてどうすんだ」「 センチメートル」追加
・2020/03/26「ズッ友Heart Beats!」を追加
・2020/04/07 east²「サクラ道」を追加
・2020/04/13 south²「Shining You, Shining Me 〜夢のチカラで〜」を追加
・2020/05/10 「JewelGirl」を追加
・2020/07/15 「チョコモーモー」を追加
・2020/07/20「大事なモノ」を追加
・2020/08/31「セーノでGO!」を追加
・2020/09/07「オールOK!」を追加
・2020/09/15「ねっ!」を追加
・2020/09/28「愛×2」を追加
・2019年版の結果はコチラ

2019年の結果
おはガール from Girls²の好きな曲は?(3つまで)

Girls2全楽曲紹介
・2019/9/23 投票を開始しました
・2019/10/22 「フレンドシップNo.1」を追加
・2020/01/06「Girl meets Girl」を追加
・2020/01/07「SUPER☆OHA☆TIME!」を追加。最大選択数を2→3に変更





-メンバー関連, 考察/ブログ

Copyright© Girls2(ガールズガールズ)を応援するファンサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

.