タブレット学習教材オススメ比較【小学生向け】

更新日:

新型コロナウイルスの影響で休校が続く中、人気のタブレット学習。

小学生に最適なタブレット学習サービスを紹介します。

チャレンジタッチ vs スマイルゼミの体験・口コミ評価「始めるならどっち?」

続きを見る

「専用タブレット」 vs 「自前タブレット」

タブレット学習サービスには、専用タブレットを買うタイプと、自宅のタブレットを使うサービスの2種類があります。

  • 専用タブレット:専用なので学習に集中できる。ペンを使った書くにも対応。
  • 自前タブレット・PC:学習に集中しにくいが、費用は安い

「専用タブレット」サービス

専用タブレットと付属のペンを使うので書き取りの学習も可能で、紙での学習に近いサービスが特徴です。

「学習習慣をつけたい」「学習に集中して欲しい」という目的であれば、余計なアプリが入ってない、専用タブレットのサービスがおすすめです。

専用タブレットサービス

  • チャレンジタッチ
  • スマイルゼミ

 

自前タブレット・PC利用サービス

自前タブレットを使うサービスは、専用アプリをインストールして動画などを用いた学習が一般的です。タブレットには、他のアプリやゲームの誘惑もあるので、学習習慣のない子供などには不向きかもしれません。また、コンテンツは動画や答えはタッチで選ぶのが中心で、書き取りには対応してません。

料金にタブレット代が含まれないので、割安な傾向はあります。

個人的には、専用タブレットを検討して、「金額などに納得できなかった」「子ども用のタブレットを持ってる」場合のみ、自前タブレットを使ったサービスは検討すると良いと考えています。

 

「チャレンジタッチ」(進研ゼミ)評価レビュー

チャレンジタッチ3年生

サービス名チャレンジタッチ
対象学年小学1年生〜高校3年生
教科5教科(国算理社英)
タブレット専用タブレット + 専用ペン
月額費2,980円〜

業界最大手の進研ゼミ「チャレンジタッチ」

基本的な要素はそろった上で、他社にないオリジナルのサービスも充実。専用タブレット型の中では、コスパも最も高く、総合力の高さはトップクラス。デメリットが気にならなければ、万人にオススメです。

  • 赤ペン先生による記述指導(2020年4月度〜)
  • 付属デジタルグッズで子供のやる気をアップ
  • 教科ごとにレベル(コース)の選択が可能
  • 実力診断テスト→個別に組まれる復習問題
  • ジュエルごほうび(3年生から)
  • 小学校を選択すると、教科書や授業のすすめ方を合わせてくれる教科書や授業の進め方にあわせた教材をお届け

進研ゼミの最大の特徴「赤ペン先生」が、インターネットを使ってタブレットに対応。3年生からは担任制となります。

  • 通常のインターネットなどは使えない

これは人によって、メリットでもありデメリットでもあるかもしれません。

チャレンジタッチ「料金」評価

ポイント

  • コスパは概ね良し
  • 応用コースで追加料金なし
  • 途中退会も可能

注意ポイント

  • 無料体験はなし
  • サポートサービスが有料
  • 6ヶ月未満の退会には費用請求

チャレンジタッチの料金は、タブレット学習の中でも安い部類になります。

特に1・2年生の月あたり2,980円(一括払いの場合)は、かなりのコスパになります。

3年生から料金が徐々に上がっていきますが、赤ペン先生の対応頻度が増えたり、サービス内容も充実しています。

小学生の塾の相場は、およそ8,000円〜2万円弱。塾に比べると、タブレット学習は1/3ほどの費用になります。

 

「スマイルゼミ」評価レビュー

スマイルゼミ口コミ「評価レビュー」

2012年からタブレット学習サービスを始めたパイオニア。

当時は多くの問題があったようですが、徐々に課題を改善してきた魅力。

ポイント

  • 子供にあわせたミッション
  • 親がスマホで学習状況を把握したい
  • 専用アプリで、親子でチャット
  • 親からミッションを与えたい
  • 学習以外にもインターネット・ゲーム

注意ポイント

  • 基本料金以外の追加費用に注意

基本機能はほとんど揃っています。

スマイルゼミならではの特徴といえるのが、子供が使うタブレットと親のスマホでチャットをしたり、コミュニケーションを取れる点が大きな特徴です。

これを機会に子供とコミュニケーションを図りたい、親にはオススメです。

あくまで任意なので、子供の学習に任せたい場合には、必須なわけではありません。

学習後のごほうび「スターアプリ」で、学習以外のゲームアプリなどを楽しむ機能もあります。

 

一方、基本料金以外にオプション費用が多い点は、注意が必要です。

2クラスに分かれていて「標準」「応用」で月額1,000円ほど差があります。学習量が1.5倍に増えるので、金額は妥当と言えるかもしれません。

 

終了したタブレット学習サービス

  • 学研タブレットゼミ 2020年3月末サービス終了
  • 小学館デジタルドリル「ドラゼミ」2019年3月末サービス終了
  • ワオスタディー 2019年3月末サービス終了

 

Z会の通信教育(タブレットコース)

タブレットコースに2020年度4月からのみ。

中学受験や、1ランク上の質の高い勉強を求めてる人にオススメ。

サービスの室は高めな分、少し価格は高めです。

  • 価格はやや高め
  • 担任指導者がつく
  • 自動スケジュール機能

-タブレット学習

Copyright© ヨロコビーノ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.