magical2

【magical2イベントレポ】モモカ不在と機材トラブル【イースト21】

投稿日:

1月26日(土)にイースト21(東京都)で行われたmagical2のリリースイベントライブ。

もはや子供の付き添いは大義名分にすぎず、完全に親の私が行きたくて行ってるmagical2のライブイベント。

モモカ不在、機材トラブル、強風による寒さといろんなマイナス要素が多いライブでしたが、素直な感想をお届けします。

混雑具合

今回のライブ。前回のイースト21でのライブに比べてかなり空いていました。

おそらく次の要因が、空いていた原因だと思います。

  1. モモカがインフルエンザで欠席
  2. イースト21は2回目のライブ
  3. 強風による寒さが半端ない

3番の影響がどれくらいあるのかは分かりませんが。

やっぱりセンターのモモカ不在は影響が大きかったのかもしれません。

 

といってもそこまで広い会場ではないので、人が少なすぎて虚しいレベル

ではまったくありません。

あくまで前回に比べたら少ない。場所取りに余裕がありそうだった

という話です。

優先席は端の方にも、空きスペースがあったようでした。端だったので観覧スペース対象でなかった可能性もありますが。

開演の何時間前に行けばライブは見れる?

私は3時間半前にいって場所取りをしましたが、2階の結構いい場所を確保できました。

1時間前くらいまで隣の席は空いていました。2階が穴場だったということもありますが、1階も開演30分前とかでも十分見れそうなスペースがありました。

ちなみに前回のイースト21は3時間前に行って、まともに見れる場所は取れませんでした。

 

モモカ不在によるライブの影響

オフィシャルのTwitterなどで発信されていましたが、「モモカがインフルエンザで欠席」という事態が発生しました。

開始前のスタッフも、モモカ欠席をアナウンスしていました。※モモカ推しのファンと思われる人も多数いましたが、本人欠席を知っていたのか気になりました。

MCではリンがモモカ欠席に少し触れただけで、淡々とこなしているように見えました。

ダンスの立ち位置やMCの役割など変更になったはずですが、少なくとも観てる側には違和感は感じさせませんでした。ダンスレクチャーのMCはユリアが代役を務めていたようです。

内心は色々不安を抱えていた可能性はありますが、さすがプロですね。

もしかしたら、私よりもっとコアなファンが見たら色々違いはあったのかもしれません。

「モモカの分までがんばります」みたいな発言があるかな?と推測していましたが、ありませんでした。

シオリがいつも以上に会場ノリを気にしてるようにも見えましたが、機材トラブルなどもあったのでモモカのことが影響していたか分かりません。

モモカ不在の影響?完全な口パクだった!?

magical2のライブは、いつもは声入りのオケをBGMに生歌をかぶせてるスタイルです。

口パクと生の中間という感じだったのが、昨日はモモカ不在のためか完全な口パクだったように思えました。モモカとモモカ以外で音量差がでるので仕方ないのかなと。

もしかしたら勘違いかも。

ダンスレクでのリンの歌声はいつもどおり生声でした。

 

機材トラブルで45分遅れでスタート

一度メンバーが出てきて1曲だけ披露した後、機材トラブルを理由に一度メンバーは控室に戻ってしまいました。

スピーカーの調子が悪かったのか、低音が割れてしまいとても聴けるレベルではありませんでした。

magical2のプロ意識がすごい

すごいなと思ったのが、ドラムのビートが途切れ途切れになってもダンスにまったく支障がない!

さすがにメンバーも内心は焦っていたはず。動きを止めてもおかしくないほどの音割れでした。長時間にわたる練習で体に動きが染み付いているのでしょうね。

MCでは謝る謙虚な姿勢

メンバーは怒ったりモチベーション落としてないかな?と心配になってしまいましたが、リスタートした後のMCでは、ユリアとミツキが観客に謝っていました。機材を直してる間、MCの内容はねっていたのかもしれません。

少なくとも大人から謝るような指示は出ていなかったはず。

メチャクチャ寒い中待っていた客席は結構フラストレーションが溜まっているのがわかりました。

 

magicalのメンバーもテントで作った一時的な控室なので、環境は決してよくなかったはず。

性格の悪いミュージシャンだったら怒って帰っていてもおかしくなかったかもしれません。

音が直るまで45分

音響が分かるスタッフさんは少なかったようで、女性スタッフが頑張っていましたが、なかなか直りません。スピーカーの位置を動かしたり、色々試みていました。寒さと風がものすごい強くてつらかったです。最終的にも少しまだ音割れが残ってるようにも思えましたが、普通の子供は気づかないレベルのものでした。

magical2のライブをすべて追っているわけではないのですが、ここまで時間を押したのは初めてかもしれません。

 

ライブパフォーマンス!4曲の感想

ライブで披露したのは次の4曲。

  • 愛について
  • 絶対友情宣言
  • TOYBOY
  • サンキュー

個人的に「晴れるさ」が一番好きでしたが、なくなってしまい残念。「愛について」ももちろん名曲ですがね。先に書いた機材トラブルの関係で「愛について」は2回パフォーマンスをしました。

ベストアルバムの宣伝を兼ねたライブとあって、「TOYBOY」「サンキュー」が入っています。

「サンキュー」はエンディング曲になっているので馴染みが多いでしょうが、「TOYBOY」はまだ知らない人も多いようでした。

絶対友情宣言

唯一前回までのライブと同じ曲目。絶対友情宣言は、ダンスレクチャーでのリンの独唱が見どころだと思っています。録音を流してない?というくらい綺麗な歌声。

別の曲で他のメンバーが歌ってたときには、結構音がフラットしたりしていました。歌声の安定感ではリンが一番です。

TOYBOY

「TOYBOY」は、シオリの格好良さが爆発してる曲だと思います。80年代の洋楽ヒット曲を英語でカバーした曲です。シオリの髪型もいつもの編み込みじゃなくて新鮮。サビではシオリがセンター。MCでシオリは「英語曲で驚いた」「最初は知らなかった」と想い入れがありそうに語っていました。

サンキュー

なぜかあまり思い出せない。

しんみり曲なので

「ライブで聞いたら泣きそうになりそう」と思っていたのですが、あまり感傷にひたることもなく、ダンスを真剣に見ていました。

最後の曲とあって、メンバーのダンスを焼き付けておこうと必死に観ていました。

最初聞いたときはそこまでピンとこなかったものの、日に日に想い入れが強くなってきました。

うちの子供も何度もリピートして歌っています。

ハイタッチ会と写メ撮影会

コアなファンには怒られそうですが、すでにベストアルバムはネットで予約してしまったので、今回は購入を見送りました。前回のチェキ会では写真をもらいました。

子供とmagical2の写真は、とても良い想い出になりました。

発売前のアルバムを予約することで、

  • 通常版:ハイタッチ会
  • 初回限定版:写メ会

に参加できます。

※ベストアルバムには、通常版と限定版の2種類があります。

詳細は公式HP参照:http://magical2.jp/info/archive/?502645

 

イベントの時系列

9:30 会場到着。場所取り勢多数

11:50 優先エリアの入場

13:00 ライブパフォーマンス開始

13:05 機材をスタッフが直す

13:45 機材が直って、再度『愛について』からスタート

14:16 全体の記念撮影

14:20 パフォーマンス終了。ハイタッチ、写メ開始

 

野外イベントの推奨持ち物

くれぐれも冬の野外イベントでは、防寒対策を忘れずに。

帽子、手袋、マフラー、カイロ、薄手の毛布、敷物など

敷物は普通のペラペラの敷物では寒すぎました。

 

まとめ

モモカ不在ということで、どうなることかと思いましたが、意外と平然と進められました。

モモカにとっても良い休養になっていればいいのですが。

とにかく寒くて、防寒を意識してきたつもりが、それでも寒かったです。この時期に野外はキツイですね〜。一緒に観ていたママ友は途中で寒すぎて、温かいところへ避難してしまいました。

今回3回目のmagical2ライブ体験でした。

やっぱり生のダンスには圧倒されます。

そしてMCを含めた彼女たちのプロ意識。

傍目にイベント日程などを見てると大変だな〜と思ってしまいます。

もちろん、学校、歌、ダンスレッスン、MC、SNS対応、ライブと忙しいのは間違いないでしょう。

でも、本人たちのモチベーションの高さを感じられて、「やらされてる仕事」ではないのだろうなと感じました。

今回もmagical2からエネルギーをもらうことができて、とてもいいライブ体験ができました!


↓マジマジョ涙の特番収録DVD↓
参考ひみつちょーだいスペシャル感想




↓magical2ラストLIVE収録DVD↓
参考magical2ラストライブDVDを観た感想

-magical2

Copyright© マジマジョピュアーズ大百科 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.